個人サークルVENUSのなおの日々の日誌。 作品の話や、人生?について…。
超不定期日記
誠に申し訳ございませんでした。
2015-11-29-Sun  CATEGORY: 未分類
この度は、自分が吐いてしまった弱音によって
たくさんの方々に御迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

ちょっと、自分でもまさかここまでのお声を頂けるとは
思っておらず…かなり動揺してしまいました。
応援のメッセージや、作品についてのアドバイス、叱咤激励、
小毬荘のイラストを描いて応援してくれた方もいらっしゃり
本当に本当に、感謝しております。
おかげさまで、折れかけていた心が元に戻りました。

どうにも、一人きりの作業というものは気兼ねなく出来る反面
こういった時にボキッといきやすいようです(汗)
今回、あのような記事を書いてしまったことは反省しなければなりませんが
おかげで立て直すことが出来たのも事実!
一人じゃないじゃないかと、とても温かい気持ちをたくさん頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m
制作のことはリアルでも誰にも話せないので、本当に助かりました。

こうなったら自分は作るしかありません!
むしろ作りたいとさえ思えるようになっています!!
ただ!!ハードルはめちゃくちゃ上がりました!!!
弱音を吐いた時に、あらゆる手を否定したからです!笑
何してくれてんだこの野郎!!と自分を殴りたい気持ちでいっぱいです。

難しく考えすぎていた部分は確かにあります。
今回、千星視点の方を先に進めてしまったんですね……。
今思えば、それも良くなかった。
守と千星の関係性をしっかりと描く前に、千星の方を進めてしまった。
千星のアダルトシーンを書けるかわからなかったので、先を急いでしまったのです。
そこからドツボの始まりだったのかもと……。

なので、一度そちらは白紙に戻しました。
先を急ぐのではなく、やはりしっかりと作っていかないとダメですね。
寝取られ、急ぐべからず。
とはいえ、白紙に戻した分は軌道に乗れば数日で取り返せます。
概ねの道筋が間違っていたとは思わないので
しっかりと描いていけば行けるはず……!

絵も描かないと感覚を忘れるという恐怖心があって
どっちつかずでしたが、この際もう絵は後回しで。
シナリオが終わったら描きまくって感覚を戻すしかない!
全てが中途半端だから頭がパンクするのです。きっと。

ご指摘の通り、今までのキャラたちだって完璧だったわけじゃないです。
今思い返してみると、え?と思われる行動を取っていたし、
無理矢理のご都合もたくさんあったと思います。
いや、でもそれがあっての寝取られ!!
自分の中で、いつの間にかそれがダメなものだ!という考え方に
なっていて八方塞がりになっていました。
それがダメならあらゆるシナリオ全てダメになる……。
極端な話、偶然主人公が通りかかってヒロインを助ける。
その偶然はご都合じゃないか!と言われれば、何も作れない。

それはそれとしてアリとして考えないと進むものも進まない。
それを使いつつ、興奮できるものを作れば良いのかなぁと思います。

そうです。今、必死にハードルを下げています(゜-゜)

完全無欠の千星?
いやいやいやいやいや、そんなことはありません(ヾノ・∀・`)ナイナイ
よく見れば隙だらけじゃないですか。
鉄壁であってほしいと思い込んでいただけで、弱点はたくさんある……はず!
いっかくんを人質にするとか。……うん、それはないですね。

大体の道筋はできています。
でも、ラストがまだハッキリしません。
また千星が勝手に動くかもしれない。
珍しく、圧倒的にハッピーエンドを望まれている千星です。
道筋通りに書ききって、最後どうするのか自分でもまだ分かりません。

前回、一年かかると書きましたが今から一年というわけではありません。
少なくとも、今年の明菜編よりは早く出せるよう進めます。
本当なら年内を見据えていたのに、このザマで本当に申し訳ないです。
あとひと月で余りで今年も終わってしまうのですね~。

と、また長々と書いてしまったのでこの辺で……!
皆様、本当にたくさんのコメントありがとうございました。
こんなヘタレ主人公ばりの豆腐メンタルですが
これからもVENUSを宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 超不定期日記. all rights reserved.